手洗い、うがい、鼻うがい。

2020年“バズった”話題まとめ10選!

2020年“バズった”話題まとめ10選!

紅白歌合戦直前スペシャル(!?)今年1年、何が話題になったか振り返ろう!ということで、当サイトで集計しているアクセス数や、SNSでの反響を元に独自のランク付けを行った10選を公開します。

新型コロナの影響で想定外だらけの一年でしたが、楽しい嬉しい思い出も、ここらでひとつ振り返っておきましょう。

10位:選曲と演出に涙

夏と冬に放送された「FNS歌謡祭」に東京事変が出演。豪華なスタジオセットや衣装もさることながら、収録ならではの計算され尽くしたカメラワークや音像にも圧倒されました。
・08月:『女の子は誰でも』『赤の同盟』
・12月:『群青日和』『命の帳』

生放送の臨場感を楽しめる「ミュージックステーション」では、今年は東京事変は計3回、星野源は年末に1回出演。女史のステージ台にカメラが突撃アクシデント…宮本浩次バンドに長岡亮介が突如出没…亮ちゃんイイネ・アリガトウの掛け合い…などなど、毎回生放送ならではの見どころが満載でした。
・04月:『能動的三分間』『永遠の不在証明』
・08月:『赤の同盟』
・12月:『青のID』『閃光少女』
・12月:『うちで踊ろう』『化物』『恋』

9位:疑惑の音楽担当

長岡亮介が初の映画音楽を手掛けた「スパイの妻」。1940年代という時代背景の都合上、まさかのギターを封印した上での制作となりました。クラシックな楽器を用いてストリングスを中心に構成された映画音楽は、本当に長岡亮介が音楽を担当したのかと疑惑が浮上するほど。…本当です

実際に私も映画を拝見しましたが、音楽が物語に自然に溶け込んでおり、意識することもありませんでした。かつてギター・マガジンで銘打たれた「薫る旋律」が秀逸な表現であったことを実感。

黒沢清監督はこの映画で、ベネチア国際映画祭「銀獅子賞」を受賞する快挙を達成し、今年最も注目を集めた映画の一つとなりました。上映している劇場は限られていますが、長く上映される作品になりそうなので、是非足を運んでみてください。

8位:閏日前日に突如

東京事変の再生を目前に控えた閏日前日。コロナ騒動が急加速していく最中、突如発表された劇場版名探偵コナンの主題歌『永遠の不在証明』。

当初予定されていた上映日は新型コロナの影響で見送りとなりましたが、いよいよ来春2021年4月16日に上映開始が予告されています。PR映像だけでも鳥肌ものですが、実際の映画と楽曲がどのように交わるのか。劇場で楽しめる日を待ちわびております。

月と東京タワーがリンクしたミュージックビデオや、浮雲の新色テレファントムも高い注目を集めました。
東京事変 新曲『永遠の不在証明』のMVを公開!
東京事変 浮雲の新色テレファントム

7位:事前告知は不要

今年の椎名林檎、事変以外に何してた?というと、テレビ番組へのサプライズ出演が思い出されます。

「A-Studio+」では、女優の山口紗弥加と中学時代の先輩後輩という意外な関係性や、学生時代の椎名林檎の秘話も露わに。この番組がきっかけか、後に山口紗弥加主演のドラマ主題歌『命の帳』を手掛けることとなりました。
東京事変 新曲『命の帳』発表!山口紗弥加主演ドラマ主題歌に

ロバート秋山の冠番組「秋山とパン」にもサプライズ出演。長年シリアスな笑いを追求し続けている辺り、さすが同郷同世代の盟友といったところ。

6位:ナゾの覆面集団

緊急事態宣言真っ只中の3月東京某所。白のツナギに黒い覆面をかぶった謎の音楽集団QieziMabo(チェズマボ)が路上パフォーマンスを決行。

中の人物が一体何者なのかと、界隈で大きな話題となりました。真相は未だに定かではありませんが、もし街で遭遇することがあれば要注目です。

5位:舞台裏では一体

あれからはや1年、2019年の紅白歌合戦も豪華でした。椎名林檎のステージには、SOILのメンバーに加え、俳優のハマケンがトロンボーン奏者としてサプライズで登場。言わずもがな、SAKEROCKや在日ファンクで彼の音楽性は高く評価されています。

毎年SNS上にアップされる関係者各位の舞台裏の投稿は必見。KingGnu常田&SOIL社長&椎名林檎による「TEAM 拡声器」は生で拝見させて頂きたいところ。

4位:番組と蜜月関係

毎週日曜の夜、音楽ファンから高い関心を集める音楽番組「関ジャム-完全燃SHOW-」。2019年に放送された「椎名林檎特集」以降、もはや番組の常連状態に。

名曲特集で有名プロデューサーから楽曲が推薦されたり、逆に椎名林檎自身が推薦者としてコメントを寄せたりと、番組と蜜月関係を築き上げている様相。

今年はこんなに沢山の特集に絡みがありました。お時間のある方は是非復習を。
シングル曲になっていない隠れた名曲特集
イントロ特集
隠れた名曲特集
ジャニーズNo1ソング特集
宮本浩次 特集
アルバムで聴いてほしいJ-POPの名盤特集

Advertisement

3位:にじみ出る色気

メンズセレクトショップの「EDIFICE」が展開するオーダーメイドスーツブランド「SALON DE EDIFICE」のファッションモデルに起用されたのは、なんと長岡亮介。

普段のゆるい姿とは一変、スーツに身をまとい滲み出る大人の色気が凄まじい。このギャップこそ長岡亮介の人気たる所以。天は二物を与えず、とは言いますが彼に関しては例外のようです。

関係者の皆様、GJ。

2位:選ばれざる国民

今年を象徴するイベントといえば、やはり東京事変の全国ツアー「ニュースフラッシュ」。唐突な発表…キャパおかしい…チケット倍率ヤバ杉内…グッズ神…閏日へのカウントダウン…盛り上がりのピークを迎えたところへ、謎のウイルス襲来

いろいろありましたが最終的には無観客実演を決行し、動画配信サービス・映画館・WOWOWを通じて皆様のもとへ無事届けられました。一連の喜怒哀楽溢れるタイムリーな記事をそのままに記録していますので「ニュースフラッシュ」を振り返りたいときは是非。

東京事変2020ツアー「ニュースフラッシュ」グッズ・チケット情報
東京事変2020ツアー「ニュースフラッシュ」セットリスト・レポート
東京事変 「ニュースフラッシュ」の無観客ライブが配信&映画館上映決定!
東京事変 「閏vision特番ニュースフラッシュ」がWOWOW独占放送決定!

Advertisement

1位:原点にして頂点

今年最も話題となったのは言わずもがな、2020年の幕開けと同時に発表された「東京事変 -再生-」の一報で決まり。再生を告げるティザー映像は、今見ても鳥肌モノ。8年間、待ちわびました。

新型コロナの影響で実演が厳しい状態は続いていますが、東京事変が存在しているという事実だけで救われた方々も多いのでは。東京事変2O2Oと銘打っているものの、2O21はありえるのか。今後の活動に関する吉報を乞うご期待!

いよいよ大晦日は紅白歌合戦。曲順もついに発表されました。今年は家族みんなでとはいきませんが、このご時世テレビというのはみんなが繋がれる数少ないツールです。それぞれの場所で、音楽を楽しみましょう。

いま、あなたにオススメ