手洗い、うがい、鼻うがい。

東京事変 FNS歌謡祭2020夏で『女の子は誰でも』『赤の同盟』を披露!

東京事変 FNS歌謡祭2020夏で『女の子は誰でも』『赤の同盟』を披露!

本日(2020.8.26)、4時間に渡って放送されたフジテレビ系「FNS歌謡祭 2020 夏」に東京事変が初出場し『女の子は誰でも』『赤の同盟』の2曲を披露しました。

女の子は誰でも

1曲目は2011年にリリースされた懐かしのナンバー『女の子は誰でも』を、かつてDiscoveryツアーで披露したアレンジに近いジャズバージョンで披露。原曲のビッグバンドアレンジとは一変、制限された音数のなかでメンバー5人それぞれの個性が光るプレイが絡み合いました。

東京事変印の8ビット風アニメーションや、酒井タケル氏による華やかな衣装に彩られ、一時のショウタイムを堪能。

ジャジーなギターフレーズを連発した浮雲の気になる使用ギターは「KING SNAKE “Three Bone”」。甘いトーンとナイスな決めポーズで女の子は誰でもメロメロなようです。

赤の同盟

2曲目は最新曲『赤の同盟』。Mステの白浴衣CDTVの黒浴衣に続き、今度は白黒ツートンカラーの浴衣を装い現れた東京事変。

演者たちの美味しいポイントをしっかり押さえた秀逸なカメラワークは、収録ならではの醍醐味。バックスクリーンの打ち上げ花火の映像や、孔雀マークが印された提灯など、“逃すまじ夏”の意気込みを感じるスタジオセットの拘りも相当なものでした。

『赤の同盟』に関するメディア露出はこれにて一段落の予定ですが、浴衣姿で地上波に現れた東京事変は、2020年の夏の記憶としてしっかり留めておきましょう。

来月は残暑残る9月、秋を迎える最後の夏祭りはコチラ↓
東京事変 「ニュースフラッシュ」の無観客ライブが配信&映画館上映決定!

関連

いま、あなたにオススメ