手洗い、うがい、鼻うがい。

関ジャムゴールデンSP 椎名林檎が選んだジャニーズNo1ソングとは?

関ジャムゴールデンSP 椎名林檎が選んだジャニーズNo1ソングとは?

本日(2020.7.29)、テレビ朝日の人気音楽番組「関ジャム 完全燃SHOW」がついにゴールデンタイムで2時間のSP放送となりました。

ゴールデンSPでの特別企画は、かつてドリカム中村正人氏が番組ゲストに出演した際に提案した「ジャニーズ企画」。ジャニーズのライブ演出の凄さや、アーティストの選ぶジャニーズNo1ソングといった企画が用意され、嵐の松本潤ら豪華ゲストをスタジオに招き、ジャニーズを音楽的側面から深堀りする特番となりました。

椎名林檎が選んだジャニーズNo1楽曲は?

ジャニーズNo1ソング企画にて選定者の一人としてコメント出演したのは、TOKIO『雨傘』や、SMAP『華麗なる逆襲』を提供してきた椎名林檎

数あるジャニーズ名曲の中から、彼女の選んだジャニーズNo1楽曲は、少年隊の5thシングル『STRIPE BLUE』でした。
_

椎名林檎コメント

やはりこれは、このキャストへこの楽曲の振り付けと歌い分けを充てられたこと自体が伝説。東山紀之氏の、几帳面なポージングの連続のような美しさ。かたや錦織一清氏の、ビートを長く捉えた大胆な動きの色っぽさ。そして植草克秀氏の実直で硬派で一方気な可愛さ。それらが三位一体となって発光し、「かっこいい」と印象づける少年隊を、まさに象徴するトラックだと思います。歌い分けやリリックもさることながら、ユニゾンの振り付けにも、三者三様の個性が際立つポイントがいくつもあります。首の付け方など統一された指示はあったのでしょう。しかしお三方とも異なった解釈をされているようで、キャラクターを炙り出す結果になっているのではないでしょうか。ここまで眩しい夏の曲には未だ出会えておりません。

昨年放送され大反響となった「関ジャム 椎名林檎特集」のまとめも作成しています。彼女の楽曲制作に対する並々ならぬ拘りをご覧あれ。
数々の名言を連発!「関ジャム」椎名林檎特集の振り返り

いま、あなたにオススメ