【カントリー編】長岡亮介のルーツを辿ってみる【その3】

【カントリー編】長岡亮介のルーツを辿ってみる【その3】

カントリー編、最後です。(前回からだいぶ間が空きましたが…笑)

前回の記事は下記リンクにて。

コチラのインタビューで長岡さん、良いこと言ってました。

東京事変のお客さんの中で、何人いるかわからないけど、10人でもカントリー好きになってくれたら、その人が幸せじゃない。俺も幸せだけど。広がるってことだからさ。すごい意味があることだと思うんだよね、好きなことをやるってことは。

イイハナシだぁ。カントリー、広めていきましょう。

Tony Rice

イギリス出身のトニー・ライス。

彼は、カントリーというよりは、ブルーグラス系のギタリスト。

アコースティック・ギターだけでなく、マンドリンなんかも弾きこなします。

無印良品で流れてそうな音楽…。素晴らしいです。

トニー・ライスはもう素晴らしいですね。テキサス・トルバドールズのギターもすごかったなぁ。
(ギター・マガジン 2013年 01月号
より)

●[Tony Rice]のCDをAmazonで探す

The Texas Troubadours

上記の話にも出てきました。テキサス・トルバドールズ。

アーネスト・タブ(愛称:テキサス・トルバートル)という人物が率いていたヒルビリー・ジャズ・バンド。スティールギターとエレキギターのインストバンドです。

Advertisement

カントリーミュージックの源流とも言われる、”ヒルビリー”というジャンルの音楽。20世紀初期の、アメリカ南部の民族音楽です。

“ロカビリー”なんかは、”ロックンロール”+”ヒルビリー”の造語ですね。

コチラのウェブサイトでトルバドールズについて熱弁しているので、どうぞ(笑)。

●[The Texas Troubadours]のCDをAmazonで探す

Buckowens

雑誌のインタビューなどでは話題に挙がっていませんでしたが、Twitterでモズライトをバックオーウェンズカラーにしたとつぶやいていました(詳しくはコチラ)。

Advertisement

カントリー・ミュージックにR&Bのビートをのせて、現代風なカントリーを気づきあげたバックオーウェンズ。とにかくノリが良くて聴きやすいです。

この曲、「Act Naturally」はビートルズがカバーしているので、耳にしたことがある方も多いのでは。(『HELP!
』収録)

リンゴ・スターがヴォーカル。原曲もこっちもカッコイイですねぇ。

●[Buckowens]のCDをAmazonで探す

▶長岡亮介のルーツを辿る関連記事

数篇に分けて、ルーツを辿る記事を投稿しています
是非どうぞ。


いま、あなたにオススメ