東京事変メディア露出情報、随時更新中!(ここをタッチ)

2021 FNS歌謡祭 東京事変が『秘密』『原罪と福音 』を披露!

2021 FNS歌謡祭 東京事変が『秘密』『原罪と福音 』を披露!
 
 

♪ Spotify and Youtube ♪
オリジナルプレイリスト公開中

 

 

 
 

このサイトを気に入っていただけたら、
ポチッとクリック(投票)お願いします🙏

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

先日(2021.12.8)放送された「2021 FNS歌謡祭」第2夜 に東京事変が出演し、『秘密』と『原罪と福音』を披露しました。

これまでのFNS歌謡祭をプレイバック⚡
2020夏 『女の子は誰でも』『赤の同盟』
2020冬『群青日和』『命の帳』
2021夏『獣の理』『落日』

秘密

1曲目に披露したのは、アルバム『大人』の1曲目を飾る『秘密』。長年愛されてきた、演奏陣それぞれの個性が光る東京事変らしい楽曲です。作曲は椎名林檎、編曲は伊澤一葉が単名で記載。以前放送された”変ジャム”の中で”スーパーイザワタイム”の題材として取り上げられたのは記憶に新しいかと。

関ジャム 東京事変特集「変ジャム 森羅万SHOW」総まとめ

姉妹ダンサーSISとともに椎名林檎もダンスを披露。令和の時代にも新鮮に感じられるクールなパフォーマンスでした。

原罪と福音

2曲目に披露されたのは、ベスト・アルバム『総合』に収録される最新曲『原罪と福音』を神聖なるサンタコスで、世界初披露

亀田誠治作曲の楽曲で『ディスタンス』という仮タイトルの元、パンデミックが明けてほしいという願いが込められているとか。(『音楽』に収録の『獣の理』が『ルネッサンス』という仮タイトルで同時期に制作されたもの。楽曲制作の裏話は『ロッキング・オン・ジャパン 1月号』にて)

関連

ベスト・アルバム『総合』は12月22日発売。
引き続き『総合/PrimeTime』に関するメディア露出情報をお見逃し無く!


いま、あなたにオススメ