椎名林檎と松崎ナオによる日本語詞の『おとなの掟』をMステスーパーライブで初披露!OKAMOTO’Sリズム隊と2度目の共演も

椎名林檎と松崎ナオによる日本語詞の『おとなの掟』をMステスーパーライブで初披露!OKAMOTO’Sリズム隊と2度目の共演も

昨日(2017-12-22)放送された「ミュージックステーション スーパーライブ2017」に、椎名林檎が出演しました。

椎名林檎がスーパーライブに出演するのは、過激な衣装で話題となった2014年以来3年ぶり。

披露したのは、当日配信開始したばかりの『おとなの掟』。

98年デビュー同期組で、過去にも自身のカバーアルバム『唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』収録の「木綿のハンカチーフ」をデュエットした朋友、松崎ナオ。松崎ナオとのユニットとして日本語詞verを披露しました。

バンドメンバーは、OKAMOTO’Sよりハマ・オカモト(Ba)とオカモトレイジ(Dr)、そして長年椎名林檎のサウンドを支える名越由紀夫(Gt)によるスペシャルバンド。

Advertisement

OKAMOTO’Sの2人は、2015年に放送されたMステスペシャル『丸の内サディスティック』での共演以来2年ぶり。
【椎名林檎】Mステで『丸の内サディスティック』をジャズアレンジで披露!ハマ・オカモトら初共演

名越由貴夫のエレクトリックなアレンジに、椎名・松崎のアコースティクサウンドを重ね、カルテットverとは異なる初期の椎名林檎を彷彿させる世界観でした。

目次

トーク

タモ「林檎ちゃん今年の一枚はなんですか。」

(レコーディングスタジオの写真)

林檎「これ、ここ2・3年ずっと同じ曲を録っているという印象で。まあ、写真がこの写真しかなかったのですけど。提供した曲を今年セルフカバーしたので。差し上げるときと今と。こんなことばかりしてました。」

Advertisement

タモ「ピアノが2台あるね。」

林檎「そうですね。連弾の録音だったときです。」

アナ「今日椎名林檎さんには、同期で親交の深いシンガーソングライター、松崎ナオさんと一緒に『おとなの掟』を披露して頂きます。」

林檎「おとなになった2人で(笑)」

タモ「(笑)これから一緒にもらうということでどうですか。」

林檎「そうですね、来年はお互い20周年なので。(松崎へ)ありがとう。」

タモ「よろしくお願いします。」

アナ「日本語では初歌唱です。」

いま、あなたにオススメ