(長岡亮介/浮雲)東京事変『Just Can’t Help It』での使用機材

NO IMAGE

ペトロールズが絶賛レコーディング中だそうです。楽しみですね(^o^)

最近、音楽雑誌『GIGS』のバックナンバーを読んでいたら、偶然発見しました。

東京事変の『Just can’t help it.』での使用機材。

メンバーチェンジ後の、新体制となった東京事変の新メンバーお披露目武道館公演です。

image

もふもふのフェンダーアンプに、簡素なペダルボード。良いですね。
以下、詳細をまとめていきます。

製品名 種類 商品リンク
CryBaby GCB-95 ワウペダル amazon
Voodoo-1 ディストーション amazon
Guyatone HR2 ディストーション
BOSS TR-2 トレモロ amazon
BOSS OD-3 オーバードライブ amazon
BOSS DD-5 ディレイ amazon
BOSS TU-2 チューナー amazon
BOSS FS-5L フットスイッチ amazon
BOSS FS-5U フットスイッチ amazon
Advertisement

個別解説

大半のペダルは以前書いた(こちら)の記事でまとめているので、そちらを参考に。

今回は、グヤトーンとBOSSの歪みだけです。

Guyatone HardRocker HR-2

日本初のエレキギターを作った老舗メーカー『Guyatone』のディストーション。Guyatoneは残念ながら最近倒産してしまいましたが、いまでもビザールギター(変な形のギター)を中心に根強い人気があります。

この「HR-2」は中古で3000〜5000円ほどで手に入るものですが、音は良いですね。抜けが良い歪みです。本人もつくづく「高けりゃ良いってもんじゃない」と。

BOSS OD-3

同じく、メイド・イン・ジャパンの最高傑作「BOSSシリーズ」の王道オーバードライブです。

Advertisement

「ディストーション」に比べれば、軽い歪みといいますか、甘くて聴きやすいのが「オーバードライブ」です。このOD-3は楽器屋さんにいけばだいたいどこでも売っています。

安くて・頑丈で・使いやすくて・可愛くて・音も良い。BOSSシリーズ最強です。

おわりに

もふもふのフェンダー・アンプについては、以前フェンダーのサイトで紹介されていましたが、ページが無くなっていました。たしか自分で、もふもふをつけたそうです。

参考はGIG2006年8月号でした。

いま、あなたにオススメ