2022 FNS歌謡祭 『ひこうき雲』(満島ひかり×會田茂一×長岡亮介)と『青春の続き』(高畑充希)

2022 FNS歌謡祭 『ひこうき雲』(満島ひかり×會田茂一×長岡亮介)と『青春の続き』(高畑充希)
 

12月7日(水)に放送された「2022 FNS歌謡祭 第1夜」にて、高畑充希が椎名林檎描き下ろしの舞台テーマ曲『青春の続き』を、満島ひかりと名ギタリストの二人(會田茂一✕長岡亮介)による『ひこうき雲』が披露されました。

▼過去のFNS歌謡祭をプレイバック!

2020夏 『女の子は誰でも』『赤の同盟』
2020冬『群青日和』『命の帳』
2021夏『獣の理』『落日』
2021冬『秘密』『原罪と福音』

青春の続き – 高畑充希 

高畑充希は、椎名林檎が描き下ろした舞台テーマ曲『青春の続き』を披露。美しい歌声と歌唱力はもちろん、カメラワークや視線の運び、縦書きの歌詞テロップなど、演出の随所に椎名林檎エッセンスを感じることができる名演でした。

★舞台「宝飾時計」は、来年1月〜2月に全国5箇所にて上演
★『青春の続き』は11月14日より各種音楽配信サービスにて配信中

ひこうき雲 – 満島ひかり✕會田茂一✕長岡亮介

満島ひかりがユーミンの名曲「ひこうき雲」をカバー。

“名ギタリストふたりと共演”ということで選ばれたのは、會田茂一さんと長岡亮介でした。非常にリラックスしたムードで、会場での生パフォーマンスを披露。

アイゴンの愛称でも親しまれている會田茂一さんは、長岡亮介とバンド仲間としても交流がある人物。今年から”須藤寿GATARI ACOUSTIC SET”のギタリストとして参加しています。長岡亮介は以前、自身のラジオで「日本人で最も好きなギタリストの一人」としても、アイゴンさんの名前を上げていました。

いま、あなたにオススメ

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました!

広告をブロックするための拡張機能を使用していることを検知しました。

広告ブロッカーを無効にした後、ページを更新することで閲覧を続行可能になります。

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO