百鬼夜行2015 バンドメンバー(MANGARAMA)のつぶやきまとめ

NO IMAGE

村田陽一

管編曲も担当してくださいました、村田大先生。

最終日限定で披露された『自由へ道連れ』の譜面を公開されています。

去年の林檎博のビッグバンドとは打って変わって、少数編成のブラス隊でしたが、うまくバンドに溶け込み最高のアレンジでした。

ヒイズミマサユ機

百鬼夜行千秋楽日前日には、自身のバンド「PE’Z」が解散。

それ以外にも多くの現場で活躍中のヒイさん。多忙の中、無事百鬼夜行完遂。

アンコールのMCでは、「ズモリさん」としてMCの司会進行も担当してくれました。笑

今後は、ソロ活動やピアノトリオ「H ZETTRIO」の活動などにも期待です。

長岡亮介

ペトロールズやソロでのツアー、星野源のサポート、その他もろもろ…おそらくメンバーの中で一番多忙でしたでしょうが、相変わらず林檎関係の活動はWhereがない長岡亮介氏。笑

高校の頃から欲しかったというSTAR CASTERに、鳥越くんとお揃いのリッケンバッカー。そして名越さんのペダルについてなどなど…。機材関係の話はお好き。

Advertisement

今回のツアーでは『夢の途中』や『きらきら武士』でヴォーカルとして前に立つことも多かったです。

ツアー途中には体調を崩されたそうなので、オダイジニ…。多忙すぎないか。

玉田豊夢

超売れっ子ドラマー、玉田豊夢氏。

柴咲コウとか、いきものがかりとか、斉藤和義とか…長岡氏に負けず劣らず超多忙スケジュールの中、よくぞ完遂してくれました。

最高のドラミングに釘付けになりました。

鳥越啓介

林檎のライブでは、だいぶ定着してきました、鳥越くん。

リズム隊の二人、鳥越+玉田で「とりたま」もだいぶ定着したのでは?

『迷彩』のイントロでは、ベースソロでのパフォーマンスも披露。

素晴らしい低音と韓流スマイルで、今回のツアーも支えてくれました。

Advertisement

舞台裏のメンバーたちも積極的に公開してくれました。感謝デス。

師岡とおる

百鬼夜行のエンディング「二人ぼっち時間」で流された、レトロチックなアニメーション。

去年の林檎博’14でも、『密偵物語』で師岡さんのイラストが使われました。

なんでも描きこなす凄い人ですねぇ。

TWITTERで全ての画像をUPされているので、是非チェック。

おわりに

これほど多忙なメンバー達を従えて、よくぞ百鬼夜行完結できたなあとつくづく思います。最高でした。

ツアーの締めくくりは、紅白歌合戦で『長く短い祭〜ここは地獄か天国か篇〜』を披露!

去年と同じように、ツアーメンバー(MANGARAMA)を引き連れてのパフォーマンスになると予想です。

彼奴らの活躍にも期待。

今回のツアーには参加できませんでしたが、大事な彼奴らの1人、佐藤芳明氏のソロアルバム『Cinq Lignes』。今回のツアーで、開演まで会場で流れていたアルバムです↓

いま、あなたにオススメ