椎名林檎 Mステで『至上の人生』を披露!松潤とのトークも

NO IMAGE

昨夜放送されたミュージックステーションで、椎名林檎が新曲『至上の人生』を披露しました。

トーク

アナ「椎名林檎さんは先日、グラミー賞の授賞式にいかれて、ある方とお会いしたんですよね。」

林檎「はい。そのある方とは…松潤です。と、大野くんと。」

タモ「おー。」

林檎「しかも、来てるって聞く前に私感が…。LAでなんか”松潤きてるんじゃないか”と思って。鼻が利いたんですよね、あらかじめ。で、いるんちゃうかと。」

松潤「メールをいただきまして”い…いるよ…!”って。」

林檎「ビンゴ!って。」

松潤「たまたま会場でも2列違いでお会いしまして。びっくりしましたね。」

Advertisement

アナ「正装されていったんですか?」

林檎「私なりの正装を頑張っていたしましたけれども。」

松潤「林檎さんはドレス着てらっしゃいましたね。」

林檎「そうですね。」

タモ「松潤たちは?」

林檎「もうかっこいい…衣装みたいな。」

松潤「はい、タキシードを珍しくきて。」

(当時の写真が公開)

林檎「あ、これはその時のですね。隣りにいるのはマネージャーです(笑)」

タモ「あ、マネージャーか。松潤かとおもった(笑)」

林檎「違いますね(笑)」

タモ「荷物の持ち方もちょっと違うよなって(笑)」

タモ「じゃあ林檎ちゃんスタンバイお願いします。」

パフォーマンス

ウィッグなしのショートカットで、衣装もデニムに白シャツ黒ジャケットと、椎名林檎にしては非常にカジュアルな装い。

特有の擦り切れるような歌声で、人生の苦しみ・喜びを表現。

曲後半では、体にプロジェクションマッピングで般若心経が投影される演出がされました(追記:般若心経ではなく「至上の人生の歌詞を漢字表記にしたもの」だそうです。)

バンドメンバー

スタジオに引き連れたバンドメンバーは、レコーディング・MVと同じく玉田豊夢(Dr)、山口寛雄(Ba)、名越由紀夫(Gt)の三人。椎名林檎いわく、通称37564というエレクトリック担当のバンドだそうです。

Advertisement

本日の放送で、山口寛雄氏(通称ひろぽん)は、コブクロのサポートでもベースを弾いていました。引っ張りだこの売れっ子ベーシストです。

おわりに

今夜は一部地域を除いてですが、CDTVが放送。録画予約はお忘れなく!

いま、あなたにオススメ