椎名林檎とトータス松本『目抜き通り』のMVが公開!

椎名林檎とトータス松本『目抜き通り』のMVが公開!

椎名林檎とトータス松本のコラボ曲『目抜き通り』のMVがついに完成!

Advertisement

『目抜き通り』MVが完成!

2017年に配信リリース。最新アルバム『三毒史』にも収録され大サビとも言える役割を担う楽曲『目抜き通り』。アルバム収録verでは、リリース当時とは歌い出しが入れ替わっており、トータス松本のダンディな歌声が話題となりました。

GINZA SIXのオープニングテーマ曲として書き下ろされた当時の華やかなスペシャルムービーとは一転、最新MVはアルバムラストの1曲『あの世の門』へと誘うかの如し、あの世へ続く天の川が舞台。華やかな演出ながらも、走馬灯を見ているような物哀しい雰囲気を醸し出しています。

Advertisement

椎名林檎いわく”泣き笑い声”が特徴的なトータス松本にオファーするにあたって、マービン・ゲイ&タミー・テレルをイメージして楽曲を制作したということです。

MVの監督はお馴染み、旦那様でもある児玉裕一さん。国宝夫婦。

トータス松本さんのインスタアカウントにて、撮影時の写真が公開されました↓

この投稿をInstagramで見る

トータス松本さん(@tortoise_matsumoto_official)がシェアした投稿

「年女の逆襲」から5曲公開中!

椎名林檎Youtube公式チャンネルでは、前作『(生)林檎博’14 -年女の逆襲-』より新たに5曲が公開。(「今」「赤道を越えたら」「JL005便で~私の愛する人」「殺し屋危機一髪」「マヤカシ優男」)

「本当は年女(午年)のときにやりたかった」という『三毒史』ジャケットの馬林檎を噛み締めて、当時年女の女史と年男の彼奴らの活躍を改めてご堪能あれ。

最新作は『(生)林檎博’18 -不惑の余裕-』(お間違えなく!)

いま、あなたにオススメ