Mステで椎名林檎と櫻井敦司&ユウ・関根嬢・いこか様で『駆け落ち者』を披露!

Mステで椎名林檎と櫻井敦司&ユウ・関根嬢・いこか様で『駆け落ち者』を披露!

ユウちゃんと林檎ちゃん…。関根嬢と林檎嬢…。いこか様と林檎様!

昨日(2019-05-29)、ミュージックステーションのコラボスペシャルにて、椎名林檎の最新アルバム『三毒史』から、BUCK-TICKのヴォーカリスト櫻井敦司とのコラボ曲『駆け落ち者』が披露されました。

櫻井さんのMステ出演は、なんと24年ぶり。トークでは久々の再開となるタモリさん、そして同郷の先輩でもある布袋寅泰にも可愛がられるなど、ダークな見た目とは裏腹に、愛らしい印象でした。

バンドメンバーは、いわゆる”ロキノン系”とカテゴライズされるバンドの中でも名のある女性陣を集結させ、通称「ロキノン系の女王」たる風格を見せつけました。

過去のMステ出演時の記事はコチラから。

Advertisement

トーク

Mステスーパーライブ2004の振り返り映像。東京事変『群青日和』での炎演出を踏まえて。

タモ「覚えてます?」

林檎「見てて思い出しました」

タモ「熱いのあれは?」

林檎「本当に熱いんだってびっくりしたんですよね。テレビで見ていると、火に見立てたなにかなのかなって。本当に火なんですね。」

タモ「俺たちは横の方で見てるだけだからねえ。」

アナ「そんな椎名林檎さんには、1987年にデビューしたロックバンド、BUCK-TICKのヴォーカル櫻井敦司さんとのコラボ曲を初披露してもらいます。」

タモ「これどうして一緒にやろうと思ったの。」

林檎「ちょっとアルバムに危険な場面を描きたくて、危なっかしい表現をするにはこの方しかいないと思って。素晴らしいヴォーカリストの方です。」

アナ「櫻井さんどうですか。」

櫻井「なぜ僕なのか最初わからなかったんですけども、林檎さんから櫻井さんをイメージして曲を作りましたとメッセージを頂きまして。」

タモ「それはちょっと断れないね。」

櫻井「いや(笑)光栄に思いました。」

Advertisement

タモ「櫻井くんと布袋くんは群馬出身なんだ。」

布袋「そうなんです。BOOWYとBUCK-TICKでは、BUCK-TICKがちょっと僕らの後輩で。こんなに日本を代表するバンドにまで成長して、本当リスペクトできる。」

林檎「どうして群馬にいっぱいいるんですかね、そんな。」

布袋「いや、こんなにきれいな人はね、あんまいないですよ。久々にあっても、櫻井くんと目を合わせるとやっぱドキドキしちゃうもんね。」

タモ「櫻井くん24年ぶりなんだ。」

櫻井「お会いしたかったです。」

アナ「それでは準備お願いします。」

バンドメンバー

Gt : ユウ(チリヌルヲワカ)

椎名林檎と同世代、00年代はGO!GO!7188のギターボーカルとしても活躍したユウ。

Ba : 関根史織(Base Ball Bear)

2006年〜Base Ball Bearのベース・コーラスとして活動。
『真夏の条件』でフロントマンの小出祐介の持つギターは、当時東京事変のギターとして活動していた浮雲(長岡亮介)と一緒に買いにいったという話をどこかで見た気が…。

Dr : ほな・いこか(ゲスの極み乙女。)

2012年〜ゲスの極み乙女。のドラマーとして活動。
ゲスと林檎はスタイリストさんが同じ、という繋がりも。

Advertisement

関連

いま、あなたにオススメ