星野源ドームツアー「POP VIRUS」セットリスト・レポート&バンドメンバー

星野源ドームツアー「POP VIRUS」セットリスト・レポート&バンドメンバー

星野源、大ヒット拡散中の最新アルバム『POP VIRUS』を引っさげて、5大ドームツアー「POP VIRUS」が、ついに本日(2019.02.02)京セラドーム大阪を皮切りに開幕!

社会現象となった『恋』から、朝ドラ主題歌の『アイデア』といったヒット曲に加え、最新アルバムに収録されているブラックミュージックとポップのエッセンスを融合させた実験的な楽曲たちの生のパフォーマンスに期待が高まります。

本日の大阪から、名古屋、札幌、東京、福岡と日本の主要都市を横断。全会場即日ソールドアウトという圧倒的集客力で、注目度の高さが伺えます。ちなみに、5大ドームツアーは、桑田佳祐、福山雅治、小田和正、ATSUSHIに続き、日本の男性ソロアーティスト史上5人目の快挙とのこと。

セットリスト他、長岡亮介やハマ・オカモトといったバンドメンバーにも注目!

【追記】
WOWOWプライムにて『POP VIRUS』東京ドーム公演の放送が決定!
5月18日(土) 19:00〜
https://www.wowow.co.jp/music/hoshinogen/

Advertisement

セットリスト

  1. 歌を歌うときは(弾き語り)
  2. Pop Virus
  3. 地獄でなぜ悪い
  4. Get a Feel
  5. 桜の森
  6. Pair Dancer
  7. Present
  8. サピエンス
  9. ドラえもん
  10. ばらばら(弾き語り)
  11. KIDS
  12. プリン
  13. くせのうた
  14. 化物
  15. SUN
  16. アイデア
  17. Week End
  18. Family Song
    -アンコール-
  19. 君は薔薇より美しい
  20. 時よ
  21. Hello Song

最新アルバムと『YELLOW DANCER』以降のヒット曲を中心に、1stアルバム『ばかのうた』に収録されている『ばらばら』なども披露。新旧織り交ぜたセットリストで、幅広いファン層が楽しめるライブであること間違いなしです。

注目すべきは、ソロ初期の頃は必ずライブの1曲目に披露していた『歌を歌うときは』。音楽性も活動の規模も当初とは大きく変わったけれども、この曲を改めて1曲目にチョイスしたことには深い意味を感じます。(シングル『くだらないの中に』のカップリングに収録)

公演時間は、約3時間。

バンドメンバー

  • 長岡亮介(ギター)
  • ハマ・オカモト(ベース)
  • 河村”カースケ”智康(ドラム)
  • 櫻田泰啓(キーボード)
  • 石橋英子(キーボードetc)
  • STUTS(MPC)

上記の通り、お馴染みの源チームと管弦楽隊、そしてダンスでELEVENPLAYの布陣。

ツアーでは初参加のハマ・オカモトに、MPCプレイヤーのSTUTSがライブに初参加!

この個性的な面々こそ、星野源のライブでの醍醐味といっても過言ではないですね。

Advertisement

関連

いま、あなたにオススメ