東京事変メディア露出情報、随時更新中!(ここをタッチ)

星野源 6年ぶりのSONGSで「創造」「SUN」「不思議」を披露!星野源の人生を変えた音楽など

星野源 6年ぶりのSONGSで「創造」「SUN」「不思議」を披露!星野源の人生を変えた音楽など
 
 

♪ Spotify and Youtube ♪
オリジナルプレイリスト公開中

 

 

 
 

このサイトを気に入っていただけたら、
ポチッとクリック(投票)お願いします🙏

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ

先日(2021.6.24)NHK「SONGS」に星野源が出演しました。星野源の出演は、2015年に「SUN」がヒットしたとき以来、実に6年ぶり。かねてより親交の深い大泉洋が番組責任者に就任してからは初登場となりました。

まだ国民的スターになる前の星野源に対して「貧乏くさい」「どこからみても浪人生」「お金ないんだろう」といじっていた大泉洋。あれよあれよと有名人になった星野源に対しても、変わらず「お金ないんだろう」と言い続けご飯をおごるという微笑ましいプライベートエピソードも盛りだくさんの内容でした。

放送情報(再放送/見逃し配信)

■初放送
2021年6月24日(木)
NHK総合 22:30〜

■再放送
なし

■見逃し配信
NHK+(7月1日まで)

星野源の人生を変えた音楽

細野晴臣

源「僕の音楽界のお父さん。僕に「歌いなよ」って言ってくださった方なんですよ。元々ぼくはインストバンドSAKEROCKでギターとマリンバを担当していたんですけど、個人的な活動として歌をやっていて。2010年に細野さんのレーベルで「ソロアルバム出しなよ」って言って下さって、そこから歌の活動をしっかりやるようになった。僕がここにいるのは、細野さんのおかげ」

源「高校生のときの細野さんの「蝶々-San」っていう曲を初めて聴いて。どこの国にもない音楽があるなと。自分が音楽をやるならどこにもないものをやりたいってきっかけになったし、写真でマリンバ弾きながら歌っているのが格好良いって思って、SAKEROCKでもやるようになった」

\星野源も参加した中華街ライブ!/

Earth, Wind & fire

源「バーでEarth, Wind & fireの「Fantasy」のライブ映像が流れていて、店内のボルテージが高まりすぎて、みんなウオー!って店内をお祭り会場にしちゃって。そのパワーに感動しちゃって。こういう曲作りたいと思って「WeekEnd」という曲を作った」

ハナ肇とクレイジーキャッツ

源「これ、生演奏ですからね。プレイヤーとしての技術が凄すぎるんですよ。小学生のときにクレイジーキャッツを知って。演奏者でもあり、コメディアンでもあり俳優でもあるっていう佇まいが凄いカッコよくて。コントではないけど「おげんさんといっしょ」は外見やセットをむちゃくちゃにすることによって“音楽”に逆にフォーカスがいくような。曲の位置だけがあって、あとは全部フリートークみたいな。出演者の力量だけで持っていくみたいな、そういう一時間がいまのテレビの中にあってもいいんじゃないかと思って」

ライブパフォーマンス

創造

源「スーパーマリオブラザーズのゲームカセットが黄色かったの覚えてますか。あの黄色いカセットが世界を変えたんですよ。世界中に影響を与えたので。細野さんと任天堂のYELLOW MAGICを1つにしてみた。自分としても「次のステージに行くぞ」「凄いの作るぞ」というような思いが溢れた一曲」

SUN(よん)

源「くも膜下出血で倒れて休養してるときに、静かな曲も激しい曲も辛くなって。でもR&Bとかソウルは聴けた。早いリズムじゃないけど元気になるし、安心した気持ちになる。自分には似合わないと思ってたけど、しっかり向き合って、やってみようと思って「SUN」ができた」

洋「SUNも良いよねぇ。私はね、いつも「よん」って言ってしまいますけどねぇ」
源「何度言われても一瞬意味がわからない(笑)。あぁ!「さん」か!ってなるんですよ。SUNを数字として捉えたことがない。必ずやってくれますよね」

源「真田丸(大河ドラマ)を撮ってて、NHKの大河のスタジオの楽屋で「恋」のAメロを作ったんですよ。ちょんまげで書いたんですよ。「意味なんかないさ暮らしがあるだけ〜」って」
洋「ちょんまげが作った歌なんだ」

源「初めてSUNで紅白に出場したときは歌ってるときの記憶がなくて。歌い終わった瞬間の大泉さんの「うおー!よくやったぞ!」の顔から記憶がある。「成功した!」みたいな。嬉しかったです」

不思議

源「とにかく自分がキュンとする、俺が思うラブソングを書いてみようと思って。僕の“キュン原体験”が小学生のときに埼玉の町外れの野外のスケートリンク上があったんですけど、夜に1人で滑ってるときに久保田利伸さんの「Missing」が流れて…キュン…ってなって」

源「70年代後半〜80年代初頭のR&Bとかソウルが好きで、自分にとってのドンピシャのキュンなんですね。そういうものに影響を受けて「Missing」は作られているので、自分にとってのド真ん中のラブソングやろうと。でもちゃんと今の時代に響くものを作ろうと」

バンドメンバー

・武嶋聡
・櫻田泰啓
・玉田豊夢
・三浦淳悟
・石橋英子
・長岡亮介

先日のCDTVに続き、ペトロールズから2名☆
CDTV 星野源が『不思議』を初披露!長岡亮介、三浦淳悟も参加

長岡亮介の使用ギター

Twitterに投稿していた「3曲やる現場」とは、やはりSONGSでした。RS Guitar Works製のVモデルを3本。なかでもグリーンのモデルは、彼の愛するシトロエン旧車の色。わざわざ専門店で塗料を調合してもらったんだとか。

7月19日まで、御茶ノ水でRS GUITARWORKS FESTA開催中!

関連

いま、あなたにオススメ